Pちゃんちの田植え奮闘記 <平成12年5月27日>

[もどる] [つぎへ]

5月4日・・・連休にお母さんの実家に帰った時の田んぼの様子です。

きれいな緑に見えるのは、イネではなくざっ草です。

もちろんこのままでは、5月末の田植えはできません。
そこで、トラクターを使って田をたがやしておかなければいけません。

このトラクターの運転がけっこうむずかしいのです。たくさんレバーがあるので、どれをさわればいいのかわからなくなることがあります。
最近の田んぼは、「あぜ」を作る代わりに周りをコンクリートでかためられています。

あぜ」を作る手間がはぶけますが、トラクターがたがやせないはしの部分は、くわを使って手でたがやさなくてはなりません。

けっこうこれがつかれるのです。(^^ゞ
これが5月の連休の成果(せいか)です。なかなかいい仕事をしているでしょう?

ここまでが田植えをするまでの準備(じゅんび)です。
5月27日(土)
金曜日の夜のうちに帰っていたので、土曜日は朝から作業(さぎょう)ができます。

さあ、やるぞ!といきごんだのはいいのですが、この日はあいにくの大雨でした。

どうです?このスタイルは・・・麦わらぼうにビニルぶくろをかぶせて、カッパとともに完全防水(かんぜんぼうすい)です。
じっさいに植えるのは明日ですが、土曜日のうちに苗(なえ)を運んでおきます。

大雨のため、庭か田んぼかわからないような状態(じょうたい)になっています。
しろかき」の前の田んぼです。

水をはり始めているところです。がたがたなのがよくわかるでしょう。
トラクターで「しろかき」をしています。

うしろのカバーの中の大きなはが回転(かいてん)して土をほりおこし、全体を平らにしていきます。
トラクタで「しろかき」をしたあと、トンボ(グランド整備などに使う道具)を使って手作業でさらに平らにしていきます。

こ作業をしておかないと田んぼの底(そこ)がデコボコになり、田植機(たうえき)で植えたときにうまく植えられないところができてしまいます。
これが「あぜ」です。

ここはコンクリートで固めていないので、どろを固めて「あぜ」をつけるのです。

あぜつけ」はなかなかむずかしくて、お父さんでこんなにうまくできません。やはりおじいちゃんは名人です。

えきべんを売っているおじいさんのようですが、そうではありません。(^O^)

これは肥料をまいているところです。三色の肥料(ひりょう)が入っていて、すぐにきく肥料、あとでじわっときく肥料、最後に穂(ほ)を大きくする肥料・・・それぞれイネの成長にあわせてきくそうです。

今日の作業はここまで・・・今年も、みんなで湯郷温泉「鷺ノ湯」へGO!

[もどる] [つぎへ]