Pちゃんちの田植え奮闘記 <平成15年5月4日>

[つぎへ]
5月4日(日)
今年もゴールデンウィークの1日は、田植えのための準備の日となりました。

この写真は、昨夜からお風呂につけておいた「種籾(たねもみ)」です。

お湯につけておくことで、発芽しやすくなるのです。
どうです? よーく見てください。発芽しかかっているものもあるでしょう?
おじいちゃんが、計量カップで決められた量ずつ「種籾(たねもみ)」を量っているところです。
量ったものを苗床(なえどこ)に植えていきます。パラパラと均等(きんとう)にまくのが、なかなかむずかしいのです。

まいた後、ていねいにていねいに水をあげます。
それから、また上にうすく土をかけます。

この作業も「ふるい」を使って、やわらかく、そっと土をかぶせてやるという感じです。
土をかけた後は、白いシートをかけます。さらに、アーチ型の支えの上にもう一枚かぶせてベッドのできあがりです。このベッドの中で、約3週間、なえは育っていきます。

お昼からは、いつものようにコンクリートの畦(あぜ)の部分を鍬(くわ)で耕す作業が待っていました。

これがすごく大変で、腰にくる作業です。(^^ゞ

連休中の作業はここまで、次は、3週間後に・・・

[つぎへ・・・いよいよ本番!]