ひなまつり

  3月3日は「ひな祭り」でした。ひなだんにひな人形を飾って、女の子の健やかな成長を祝うお祭りです。季節の花である美しい桃の花を飾ることから「桃の節句」とも呼ばれています。 この習慣は平安時代、中国から伝わってきたものです。かつては紙で作った人形で体をぬぐい、けがれを清めて川に流したと言われています。また、桃の実は「人間に長命をもたらす果実」と中国で言い伝えられているため、桃の花を飾るようになったとも言われています。今のように、おびな、めびな、三人官女、五人ばやしというように、ひな人形が華やかに飾られるようになったのは、江戸時代になってからだそうです。
 この3枚の写真は、クラスで「ひな祭り会」をしたときのものです。それぞれ希望する役になりきり、衣装を持ってきたり、小道具を作ったりしました。
 男の子は照れて、「ぼんぼり」や「ひしもち」になりたがる子が多かったようです。女の子の一番人気は「三人官女」でした。
やはり、「おひな様」や「お内裏様」に立候補するのは、ちょっと勇気がいるようです。
 
 ひなだんは机を積み重ねて作りました。この日は授業参観日で、たくさんの保護者の方が目の前におられるので、子どもたちはちょっと緊張気味でした。

 また、子どもたちの後方中央に見える青い二重の円は、「教室を宇宙に」に出てくる北の空の星です。少し見えにくいですが、円の中心には北極星が見えるはずです。