プレゼンテーション
 3月に入り、あちらこちらの研究発表会に出る機会が多くなってきました。ひとに自分の考えを伝えるためには、プレゼンテーションの力が必要だなぁと感じます。もちろん、21世紀を担う子どもたちにとっては、なくてはならない能力の一つでしょう。
 これは、子どもたちが、模造紙を使ったプレゼンテーションの例です。彼女が持っているような「手」を作って、うらにゴム磁石をはっておくと便利なさし棒ができますよ。大・中・小と大きさの違うものを用意しておくとばっちりです。
 これはOHPを使ったプレゼンテーションです。OHPは扱いが簡単だし、スクリーンが大きいので子どもたちのプレゼンテーション用にはもってこいの道具です。最近は、インクジェットプリンタを使ってカラーのOHPシートが簡単に作れますので、自分でもよく使っています。コンピュータがない部屋でもできますからね。
 これはコンピュータを使ったプレゼンテーションです。プレゼンテーションツールを使えば簡単に見栄えのするものが作れますので、子どもたちにもおすすめです。最近の先生方の発表会でもほとんどがこのスタイルですね。