20世紀最後のおもちつき <平成12年12月30日>

今から20世紀最後のもちつきです。
なぜ30日につくかというと・・・
31日につくと「一夜かざり」と言ってえんぎがよくないからだそうです。

おじいちゃんがもち米をむすために火をたいています。
もち米がむせるまで、「うす」をおゆであたためておきます。木の「うす」って、今ではめずらしいでしょう?
ゆげが出てきました。中まできちんとむせてくるとOKです。

なかなか火かげんがむずかしいようです。
むせたもち米を「うす」にうつしたところです。

かなり熱いです。
そのままではつけないので、「きね」でこねていきます。

もち米がつぶれて、飛びちらないくらいまでこねていきます。
さあ、ここからついていきます。ここでは2人でついていますが、1人でついたり、3人でついたりするところもあります。

けっこう重いので、何うすもつくとたいへんつかれます。
Pちゃんもついてみました・・・しかし、あんまりきねが重いので、おじいちゃんに手伝ってもらっています。(^.^)
あるていどつけたら、今度は「手合わせ」をする人とペアになってつきます。つけていないところをひっくり返したりして、まんべんなくつけるようにするのです。

よく夫婦(ふうふ)でペアになってつくので、ふだんからなかよくしておく方がいいかも・・・(^^ゞ
つけたもちはおぼんにとります。白く見えるのは米のこなです。
もちのかたまりから小もちの元をひねり出します。かんたんなようで、これがなかなかむずかしいワザなのです。
どのもちも同じくらいの大きさにするのって、けっこうたいへんです。

やはり、おばあちゃんが一番じょうずです。
ひねり出したもちを手で丸めます。

このような手つきで丸く形を作り、手のひらで形をととのえていきます。
これでもちつきはおわりです。

「うす」や「きね」はきれいにあらって、かわかしてからしまいます。
丸めたもちはPちゃんたちがはこんで、むしろの上にきちんとならべます。

上の方に見えるのは「つるしがき」です。これもお正月のかざりに使います。
どうです?じょうずにできたでしょう。

このもちは「おぞうに」の中に入れて食べます。
みなさんのおうちの「おぞうに」には、どんなおもちが入っていますか?地方によって形やしゅるいがちがうので、調べてみるとおもしろいですよ。
これで、お正月のじゅんびの一つができました。